ターンオーバーが乱れると

ターンオーバーとは肌の新陳代謝のことであり、一定期間をかけて肌の細胞が新しく生まれ変わる現象のことを言います。
肌のターンオーバーは年齢差もありますが、一般的には28日前後で行われます。
しかし、食生活や睡眠不足といった不摂生が続くことでターンオーバーのリズムが乱れてしまうことがあります。
ターンオーバーが乱れた肌は、いつまでたっても古く傷ついた角質が肌から取り除かれず、新しい肌に生まれ変わることができないため様々な肌トラブルが現れます。
肌に古く傷ついた角質がいつまでも剥がれない状態が続くと、やがてその古い角質が毛穴を塞いでしまい、皮脂が毛穴から外に上手く排出されず炎症を起こしてニキビができてしまったり、また肌がくすんで見える原因ともなります。
また古くなった角質は肌に水分を留める機能を阻害するため、肌が乾燥してカサついたりゴワついたりすることもあります。
一時的にターンオーバーが乱れてしまっただけであれば問題はありませんが、そうした状態が長く続くと次第に乾燥からシワへと発展し、肌の老化を招くことにもなりかねません。
肌のターンオーバーを正常に保つためには、十分な睡眠と栄養バランスの良い食事を摂ることが基本です。
またストレスを溜めずに健康的な生活を心がけることも体内の新陳代謝促進のために重要です。