セラミドの保水パワー

セラミドとは、もともと肌内部に存在するもので、肌の潤いを保つ「脂肪間脂質」の組成のひとつです。水分と結合すると離れない特性があり、この保水力の高さが、きめ細かくハリのある肌を作り出しているのです。
しかし、セラミドは年齢と共に減少してゆきます。保水力が弱まると肌のたるみの原因ともなってくるのです。そこで、セラミドを取り入れたスキンケアをおすすめします。
保水力の高い肌は、保湿力にも優れていますので、健康な状態でターンオーバーも促進されます。
基本のケアは優しい洗顔と、化粧水による十分な保湿、そしてクリームやオイルを使用した肌のカバーとなります。
いくら高価な化粧水をたっぷり使っていても、肌の角質が硬かったりすると、折角の水分も吸収されません。正しい洗顔で古い角質や毛穴の汚れを優しく落とし、保水力の高い肌を作ることが大切です。
洗顔・保湿が終わったら、美容クリームや乳液などを用いて、水分が蒸発しないようにする事が重要です。この際セラミド配合のクリームを利用すると良いでしょう。肌のハリをもたらすだけでなく、肌バリア機能にも優れています。
乾燥肌の人などは、肌内のセラミド量が少ない可能性もありますので、セラミド成分配合のスキンケア用品などを積極的に利用してみるのも良いでしょう。