皮膚常在菌の種類

腸に数多くの菌が存在するのと同じ様に、肌にも皮膚常在菌と呼ばれる菌が数多く存在しています。
皮膚常在菌の中には善玉菌と悪玉菌という種類があり、これらの常在菌は体が健康な状態であれば人体に影響を及ぼすことはなくありません。
善玉菌のみが体に良いものというイメージがありますが、悪玉菌も適切なバランスで生息することで肌の免疫力を高めてくれる働きをします。
しかし皮膚常在菌は、間違ったスキンケアや体調の変化によってバランスが簡単に崩れやすいものです。
中でも多いのが洗顔のしすぎによって肌がアルカリ性に傾き、一部の善玉菌が生息できない環境になってしまうことです。
洗顔のしすぎは肌の乾燥を招くだけではなく、皮膚常在菌が住みにくい肌環境に変化させて肌の免疫力を弱め、さまざまな肌トラブルを生み出す原因となってしまいます。
特にニキビ予防のために殺菌効果のある洗顔料で一日に何回も顔を洗ったりすると、皮脂が取れてすっきりした感じにはなりますが、実は肌に必要な常在菌まで洗い流してしまうために逆効果とも言われています。
皮膚常在菌のバランスを保つためには過剰なスキンケアを避けて、さらに栄養バランスのとれた食事と十分な睡眠をとるといった体の内側からのケアも非常に大切となります。